目打ち(めうち)

ロックミシンこの目打はクローバー社のもので服飾専門学校入学時に揃えた道具のひとつ。

グリップが木製でしっくりきます。


角を出すとき以外にも目打ちの出番はあります。


ミシンで2枚の生地を縫い合わせるとき、とくに長い直線を縫う時など縫い終わりに下側の生地が短く足りなくなっていることはないですか。

これを防ぐのに目打ちが役立ちます。

下側の生地が送り金で先に進みがちになるのを目打ちで上側の生地を縫いながら送ってあげるとズレがなく仕上がります。


また、ボタンを付ける位置に目打ちで軽く穴を開けしるし代わりにする。

ミシンで縫い間違ったときに目打ちで糸をひぱっり出す。

などに私は目打ちを使っています。

フィード